2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の記事

2011/09/29

貝を拾う子、石を拾う私

海沿いの道のMOS CAFEへ行った。無垢を連れていたので外のデッキでお茶してたら134号線を走る車の騒音がうるさすぎて体調が悪くなってきた。やっぱり騒音は無理なんだなぁ、と思いながら海へ向かう。
車の音がなくなって、波の音を意識して聴いているうちにだんだん体調がよくなった。

いつものように石ころ探し。
ここはプラスチックの破片が多い。
110929_1

110929_2

110929_3
私みたいに何かを拾う子がいた。貝を拾っているらしかったけど、その貝はどうするのかな?


110929_4
この間の台風の翌日、窓拭きをしたばかりの窓がくもっていたのでよく見たらなんと!塩の結晶がそこいらじゅうに。塩害!
ベランダの植物のいくつかが塩でダメになった。

110929_5
秋らしくなってから無垢はとても寒そうです。

2011/09/28

革のブックカバー格好良し

遅ればせながらnimさんのワークショップでブックカバーを作った日記です。日記?
以前nimさんがおっしゃっていた「革は木に近い」というのがなんとなくわかった一日でした。縫う作業があるのでどうしても布に近いと思っていたけれど、切断面をやする、厚みのある部分を削る、など木工みたいでした。

もうひとかたワークショップに参加したしずみんさんのブログにそのときの模様が画像とともに分かりやすい上に面白く書かれているのでご覧ください!!

110928_1
「縫う穴をあける前にガイドとなる場所に印をつける」nimさんの手。

110928_2
穴をあける道具。

110928_3
穴あけ。

110928_4
縫い方を教えてくれているnimさんの手。
nimさんの手は一見華奢に見えるのですが、作業に入ると頼もしい手に変わってカッコイイのです!

110928_5
完成!
上部が最初に縫ったところで、ガタガタしてます。下部が次に縫ったところで少し進歩しています。美しい縫い目にするのは技であります。当然なんだろうけど、nimさん凄いです。
またワークショップを企画されているようなので次回も参加したい!革オモシロイ!!

110928_6
nimさんの作品にはバッグのほかにもこんな可愛らしい小物入れなんかもあります。

2011/09/09

ありがとうございました!!

110909_1_2
LUFTさんでの『鳥と木』展も、Studio Stickさんでの『夏てぬぐい、夏こもの。夏 Stick』展も無事に終了いたしました。Studio Stickさんの方へは行かれず残念!
どちらの展示でも来てくださった皆さん、手拭いもろもろを購入してくださった皆さん、本当にありがとうございます!!

bokyはまた秋冬に向けて進み始めました。
実は毎日元気に生活していたのですが、約6週間のLUFTさんでの展示が終わったら寂し〜い気分に襲われ、しかもブログに終了しました、と書くことでお別れするような感覚になってしまってブログから遠ざかっていました。

LUFTさんへ行ったある日のこと。
お店の開店当初からのお客さんが弱った観葉植物を持って来て(まるで風邪を引いた子どもを小児科へ連れて来たかのような風景)、「大丈夫かな〜?」と相談してました。そしてLUFTさんはその植物を預かって、それが植わっていた鉢には別の植物を植えて、弱った方はどうにかするというようなことを言っていました。
弱った植物を捨てなかったお客さんも、LUFTさんの対応も素敵だなぁ!と感激してしまったとです。

110909_2
搬出の日、写真左のボンバックスはお店にやってきたときから随分と成長していました。

夏バイバ〜イ!
あ、昨日はバッグ工房『nim』さんのワークショップに参加してブックカバーを作ってきました。その模様は次回!!

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »