2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009/12/28

『marico+boky』無事終了いたしました。

091228_1

091228_2

091228_3

23日〜27日までの展示が無事終了いたしました。
来てくださった皆様、関心を持ってくださった皆様、どうもありがとうございました。

maricoさん、FALL 三品さん、ありがとうございました。

今回の展示でも勉強になったことが多々あり、次回2010年4月の展示に少しでも活かせたらと思っています。

2010年の抱負はホームページに手拭い柄をアップする!です。
今年の抱負「ソファを私物で占領しない」は97%できました。

それでは皆さん、よいお年を!
boky,macoto

091228_4


2009/12/21

ボネ

091221_1
パリジェンヌのボネ。
帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。の主人公です。

拝啓ボネ様
東京もしんしんと寒くなっていますが、そちらパリは雪が降ったようですね。世話係1と世話係2の風邪は治ったのでしょうか。

あの日、3年ぶりに会ったボネの世話係1は、笑い方が感動的に変っていなくて私は嬉しかったです。
それからボネが世話係1と世話係2と本当におしゃべりしているのを目の当たりにして驚きました。

091221_2
世話係2が作ってくれたディナーはどれも美味しかったです!
ホロホロ鳥の丸焼き料理なんて初めて見ましたヨ。

お宅へお邪魔した翌日、私は旅の疲れと世話係1がパリで元気に生活しているのを見聞きして安心したのか、早朝に目が覚めたら涙が溢れて世話係1からもらったボネぐるみ1号(パンダ?)を急いで胸に抱いて一日中ホテルで寝てました。

これからも世話係1と世話係2のことを特等席である本棚の上から見守ってくださいな。
また会える日を楽しみにしてます。

かしこ

2009/12/20

パリ

冬のフランスにはもう行かない!と前回行ったとき思ったのに、また冬に行ってしまう。
相変わらずパリの街は犬の糞だらけだった。

やや暖かくて、青い空が広がっていて、陽気な人達ばかりだったバルセロナから、分厚い雲が低く広がる寒いパリに入って「土地が人をつくる」というのをびっくりするほど強く体で感じた。

091220_1_2
シテ島の花市。
バルセロナもそうだったけど、パリも日本みたいにクリスマスの飾り付けがやたらとしていなくて凄くすごーくよかった。

091220_2
シテ島花市でのもみの木。

091220_3
アリーグルの市場で、荷台から落ちたもみの木。
左側にいるのは市場の様子を絵にしている学生達。
もみの木が落ちて転がっても、みんな全然慌ててなかった。

091220_4
オシャレカフェ、その1。
内装は面白くてよかったけど、パスタがまずかった。まずすぎた。
あのまずさは日本のカフェでもあまりお目にかかれない。
まずくて高かった。

091220_5
オシャレカフェ、その2。
ここは料理が美味しかった。
ちょっとしたフレンチ並みの大胆かつ繊細なソースだった。


2009/12/19

バルセロナ

当分完成しないと言われていたサグラダ・ファミリアが、「2026年に完成する」という情報をここ2年くらいで何度も耳にするようになって、完成前に絶対行たい!!
ということで行ってきました。
スペイン、バルセロナ。

091219_1
なんとも劇的な空。
毎朝こういう空が8時前に見られた。
これがバルセロナ、サグラダ・ファミリアのある土地なのだ。。。

091219_2
地下鉄の階段を登って振り返ったら、そこに普通に自然に存在していて感動した。
バルセロナとずっと生きているんだなぁ。
念願のサグラダ・ファミリア。
偉大すぎて、カメラに収める気がなくなる。

091219_3
丁寧な作業風景。
あと17年で完成するとは到底思えない。
タクシーのおばちゃんと、空港のおばちゃんに「サグラダ・ファミリアは2026年に完成すると思う?」と聞いたら、二人とも手を大きく揺さぶって「完成しないわよ」と笑って言っていた。
雰囲気からして、サグラダ・ファミリアはずっと作り続けられるものなのよ、私達と一緒に。というニュアンスだった。
空港のおばちゃんは「また見にいらっしゃい!」と言っていた。
行くよ!!!

091219_4
グエル公園。
とてもとても穏やかでいい公園だった。
街を見下ろすと向こうにサグラダ・ファミリアと海が見えて気持ちよかった。
シャボン玉、子どもの声、楽器の音。

少年聖歌隊の歌を聴きたいのと、黒いマリア様と、奇岩の山を見たくて電車に乗ってモンセラットへ。
電車の旅はどこでも面白い。
091219_5
電車を降りたらロープウェイで教会へ。
写真の右上、うっすら写っている四角い建物が教会等建物。

091219_6
わかりづらいけど、粛々とマリア様。
時間を間違えて少年聖歌隊の歌は聴けず、お土産にCDを購入。
あの大聖堂でこの歌声を聴いたらもっと素敵なんだろうな、と思いながら聴く日々。

今まで私の中ではスペイン=バルセロナだったけど、本に書いてあった「カタルーニャ地方(バルセロナ)はスペインの中の異国」というのを少し感じられた。
ミロがホアンではなく、カタルーニャ語発音のジョアンと名乗っていたのも何かわかる気がした。
また行きたい。
パエリアとクロケッタ(日本でいうコロッケ)が滅茶苦茶おいしかった。
スペインはおいしい!!

2009/12/02

展示のお知らせ 『marico+boky』

091202

『 marico + boky 』

12月23日(水)〜27日(日)、西荻窪FALLさんにて


真鍮のアクセサリーと温かい色どりの革小箱を制作したmarico。
いつもの手拭いではなく、ちょっと特別な一点物のカードを制作したboky。
2009の冬、みなさんの手にほっこりした作品が届きますように・・・


FALL
167-0042
東京都杉並区西荻北3-18-10-#102
03-5856-0522
12:00~20:00
http://fall-gallery.com/
*23日の祝日と土日は西荻窪駅に中央線は停まりませんので
 総武線または東西線にてお越しください

FALLさんからの展示情報
http://falldays.exblog.jp/11666961/


12月2日 boky,macoto


« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »